体のだるさの原因は「食べ過ぎ」?

暴飲暴食はだるさの元?

食べ過ぎが体のだるさにつながってしまうことはあります。

食べ物を食べるというのは基本的に体を活性化させていくことになりますが、食べ過ぎてしまうことは良くないと言えるでしょう。(一時的に食べ過ぎてしまうことはまだ良いのですが、問題なのは食べすぎの状態が習慣づいてしまうことです。肥満の原因にもなります)

食べ過ぎてしまうことによって、常に内臓が活発に仕事をしなければいけない状態が作られます。

内臓も常に動けるわけではありません。

食べていない時にしっかりと休むことでその機能性を発揮していくことができると言えるでしょう。

しかし食べ過ぎになると、常に動いていないといけない状況が作られやすく、その分内臓の機能は低くなってしまいます。

そうなるとだるさを感じるようになり、体の機能の低下につながると言えるでしょう。

このような時のだるさというのは、食べ過ぎであることを体が示していることになり、ここで更に食べてしまうようなことがあると回復を期待することは難しくなります。(食事の量が多いだけでなく、間食の量が多いという場合にも注意が必要になるでしょう)

代謝が悪くなることでも、だるさは感じることになります。

代謝は基本的に良くなっている状態を保っていくことが健康の基本です。

適度な運動をし、そして適度にしっかりと食事をすることです。

ダイエットをして、全く食事を取らないとなると、当然それもだるさの原因になります。

また食べないダイエットというのは新陳代謝を悪くしてしまうため太りやすい体作りになる傾向があります。

必要な栄養はしっかりと補給しておくことが必要です。

激しい運動の際にはしっかりと休むことが大切

食べ過ぎがだるさの原因になることがありますが、運動のしすぎもだるさの原因になります。

筋肉の疲労もありますが、内臓が疲れてしまっている場合もあります。

食べ過ぎたら運動を多くすれば良いと言うわけではありません。

適度な食事、運動、そして休息が必要になることになります。

※運動をしないという状況は、運動のしすぎよりもデメリットが大きくなってしまうことがあります。

しっかりと運動をして、しっかりと栄養補給をすることは基本的には良いことです。

しかし、この全てが「し過ぎ」になってしまってはいけないと言えます。運動のし過ぎになってしまった場合は、その分休息を、食べ過ぎになってしまった場合には、その分運動、食べない時間を作ることが大切になります。

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP