だるさをやわらげるストレッチ

たまらなく不愉快なむずむず感!

どこか体がむずむずするような感じ、体が重いということで、だるさを感ずる人もいることになるでしょう。

そのような場合、体を動かすことに億劫になってしまったり、逆に急激に体を動かして疲れてしまうということもあるでしょう。

このような状態を長期間続けていると体にあまり良くありません。そのためストレッチなどで改善をしていくことは必要になります。

ストレッチによる改善を図っていくときに知っておくと良いのが、腰周りのストレッチをしておく必要があります。

腰を大きく動かすようなストレッチ、あるいは体を大きくひねるようなストレッチをすることで、血行を良くしていき、気持ちもリフレッシュさせていくことができます。

背中を大きく伸ばしていく、しこを踏むような格好をして、股関節を伸ばしていくのも良いと言えるでしょう。

大きく体を動かして、それによって血行を良くしていくことが重要になります。だるさを和らげていくことができれば、それによって自然と体は動いていく方向に進んでいきます。

最初のストレッチがとても大切であり、最初のストレッチをしっかりと行うことができれば、それだけ体を動かすことに前向きになることができるでしょう。

だるさを感じている場合、ストレッチをせずに動いていくのと、ストレッチをしてから動いていくのとでは体の重さが大きく違うこともあります。

この違いというのはとても大きく、運動不足につながるか、運動不足を解消するかの分かれ道になってしまうこともあります。

だるさを改善しようとしなけれな、気持ち的にも改善をすることができず、ずっと運動に億劫なままになってしまうこともあると言えるでしょう。

そのような状況になってしまわないように注意が必要です。

いきなり激しい運動をしてはいけない

いくらストレッチをしたとしても、いきなり激しい運動をしてしまうのは良くありません。

軽い運動から徐々に体を慣らしていく必要があり、そうすることで運動をし終わった後のだるさも改善をすることができると言えるでしょう。(運動をした後のクールダウンも必要になると言えるでしょう)

運動強度を徐々に上げていくことで体を鍛えていくことはできますが、その場合でも最初はしっかりとストレッチをして、徐々に激しい運動にしていく必要があると言えるでしょう。

寝る前にストレッチをするのも良いものであり、休憩にストレッチをとり入れていくのも効果的です。

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP